その破壊力から使用を禁止されたモンテカルロ法

オンラインカジノ

オンラインカジノの攻略法には色々なものがありますが、中にはその破壊力が伝説になっている攻略法があります。それが、「モンテカルロ法」です。

モンテカルロ法とは

モンテカルロ法はアメリカの物理学者が第二次世界大戦中に作った攻略法として伝えられています。モンテカルロ法という名前には由来があり、この攻略法のためにモナコのモンテカルロにあったランドカジノが崩壊したことからモンテカルロ法と名付けられたとされています。その後、モナコではこの攻略法の使用が禁止されたとのことです。

モンテカルロ法はメモを使用するため、現実には時間を自由に使えるオンラインカジノ用の攻略法と言えます。なお、モンテカルロ法を利用できるゲームは配当が3倍(ベット額の2倍が利益)のゲームであり、ルーレットのダズンベットやカラムベットなどが有効です。

モンテカルロ法の手順

モンテカルロ法は事前にメモに「1、2、3」という数字を書いておきます。そして、数列の両端の数字を足した額をベットします。ゲームに負けると、数列の右端にベット額を書き足します。勝った場合は、両端の2つの数字(計4つ)を消去します。消去する数字が無くなった時点で終了です。

仮に、ベット額を1ドルとしてプレイを始めたとします(〇:勝ち、✕:負け)。
・1ゲーム目:✕
最初は数列の両端(1+3)の4ドルをベットします。負けたので、数列の右端に4を記入します。数列は「1、2、3、4」となります。
・2ゲーム目:✕
ベット額は5ドルに変わります。2ゲーム目も負けたので、数列の右端に5を加え「1、2、3、4、5」となります。
・3ゲーム目:✕
ベット額は6ドルです。負けたので、数列は「1、2、3、4、5、6」となります。
・4ゲーム目:〇
7ドルをベットします。勝ったので、数列の左側の「1、2」と右側の「5、6」を消します。残った数字は「3、4」です。
・5ゲーム目:〇
ベット額は7ドルです。勝ったので、「3、4」を消します。消去する数字が無くなったので1回目のゲームが終了します。

上記の結果を表にすると以下になります(左:ベット額/右:累計損益)。
・1ゲーム目✕:4ドル/-4ドル
・2ゲーム目✕:5ドル/-9ドル
・3ゲーム目✕:6ドル/-15ドル
・4ゲーム目〇:7ドル/-1ドル
・5ゲーム目〇:7ドル/+13ドル

数列が無くなるとモンテカルロ法が完成し、必ず利益が生じます。

まとめ

モンテカルロ法は数字を利用する攻略法のため、メモへの数字の加減は間違えないようにします。システムが完了すると必ず勝てます。なお、配当が3倍のゲームは勝率が33%と、配当が2倍のゲーム(50%)より低いことは念頭に置いておくべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です